ファンダメンタルズ分析とは?

By admin | CFD
10 6月 2016

CFDを基礎から学んでいる方にとって、きっと理解が難しく壁にぶつかりやすいのは「ファンダメンタル分析」ではないでしょうか。
実際に質問サイトを見てもファンダメンタルズ分析のことを訊いている方が多いことからもうかがえます。
実際に、CFD取引を含む投資において、ファンダメンタルズ分析は非常に重要だと言われており、しっかりと理解しておくことが重要です。
具体的には、企業などの内部的な基礎要因を分析することができるため、他のトレーダーが発見しにくい将来性が高い優良なCFD銘柄を見つけやすいことが言えます。
投資はデータに基づいた客観的な分析投資が何より大事で、ファンダメンタルズ分析はその大きな手助けとなってくれるんですね。

ファンダメンタルズ分析をすることで、一般的に報道されていない業種や将来的に有望な銘柄に、他のトレーダーよりも先に投資することが可能となります。
その中には「大化け銘柄」と呼ばれるものも少ないながらにあるようです。

では、具体的にファンダメンタルズ分析で絶対に用いられている基本の指標を3つご紹介しましょう。

●株価収益率(PER)
一株当たりの企業収益
●株価純資産倍率(PBR)
株価が企業の有する資産の何倍かを見る指標
●株主資本利益率(REO)
企業が有する資産をどのぐらい効率的に活用し、かつ収益に結びつけているかを見る指標

です。

また、CFD取引そのものは世界の市場と連結している投資であると言えます。
そのため、それぞれの国の経済状況だけでなくファンダメンタルズ要因を分析し、取引を行っていくことが重要となるでしょう。

ファンダメンタルズ分析を行うのと行わないのとでは投資の質に大きな違いが出ることは間違いありません。
容易に理解できる内容ではないかもしれませんが、今後の投資を良質なものにするためにも、ぜひ内容を把握していただけたらと思います。
必ず利益を上げることに対して貢献してくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>