CFDの注文方法について。

By admin | CFD
19 5月 2016

CFDにはさまざまな注文(発注)方法があります。
状況に合わせて使い分けるとより効率的かつスマートな取引ができることでしょう。
では、それぞれの注文方法についてご説明していきます。
なるべく専門用語を用いない、優しい日本語を心がけました。

●トレール注文
相場の値動きに応じ、自動的に注文価格がついてくるという決済専用の注文方法です。
損失を抑えて利益を伸ばしたい、万が一の時でも利益の確保に努めたいという方におすすめ。

●IFD注文(イフダン注文)
新規注文の約定と同時に決済注文の発注が行われるという注文方法です。
たとえば、とあるCFDを200円で購入するという新規注文と、その注文が約定した時は自動的に210円で決済するという決済注文を同時に出すことができるという仕組みになります。
もちろん190円になったときに決済するという逆指値注文も可能なので、幅広く応用が効きそうですね。

●OCO注文(オーシーオー注文)
一度に二つの注文を発注し、どちらかの注文が約定したら別の注文が自動的に取り消しになる注文方法です。
利益を確定させる、もしくは損切の想定、その両方など、さまざまなケースでの利用ができることから投資家にも人気なんだそう。

●IFO注文
上記のIFO注文とOCO注文を組み合わせた注文方法となり、両方の特徴を生かした方法です。
一度に三つの注文が出せ、なおかつ決済注文も二つが可能となります。
これにより、買いから売り、売りから買いまでが一度の注文で指定でき、さらに決済も自動で行われるため非常に便利です。
特に為替レートを頻繁にチェックできない方にとっても取引がしやすい方法と言えるのではないでしょうか。

このように、非常にバラエティーに富んだ注文方法があります。
そのどれもの特性を知っておくことで、どの注文方法が今の自分には好都合かということが分かり、投資に活かせるのではないかと思いました。
ぜひそれぞれの注文方法を覚えておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>